よいちろ日記

忘れないようにメモ。

【酔わないPSVRソフト #1】「Moss」久しぶりに当たりをひいた。

PSVRを発売当初買ったものの、やり込めるソフトがあまりなくて放置気味だった。


バイオハザードグランツーリスモといったキラーコンテンツっぽいものの存在は知っていたが、どうしても視点が動くと”VR酔い”してしまうのである。おそらく自分は人より三半規管の何かが敏感なのかよくわからないが、酔いやすい。車酔いもひどいし、タクシーなんて乗り込んだだけで気持ち悪くなる。PSVR購入当初も、ちゃんと楽しむことができたのは、視点が動かない系のコンテンツのみだった。


PSVR 酔わない おすすめ」とかって調べて出てきたソフトを試してみても、三半規管の強い方々の基準なのか、余裕で酔った。ということで、車酔い弱者の自分でも、”VR酔い”せず楽しめたソフトを記録していく。

 

第一弾は「MOSS」という箱庭系アドベンチャーパズルゲーム。


『Moss』 発売トレイラー | PS VR

視点:固定
ジャンル:アドベンチャー、パズル、箱庭
発売日:2018/02/27
開発:Polyarc, Inc.
価格:3,299円
酔わない度:まったく酔わない。3時間くらいは余裕でできる。
※モーションコントローラー非対応

 

これはもう久しぶりにVRで衝撃を受けた。初めて「VR WORLD」を友達の家でやったときくらい叫んだ。まず、世界の作り込みが半端ない。本当に目の前に小さな世界が現れたかのような感覚に陥り、没入感が極めて高い。グラフィックのクオリティも高く、何もせずにずっとその世界を覗き込んでいたいという気持ちにすらなった。頭の前後左右のトラッキングが素晴らしく、ステージの隅々を上から横から斜めから覗き込み、謎解きをしていくシステムはVR特有の楽しみ方である。身を乗り出して、ぐいっとダンジョンの隙間を覗き込んでアイテムを見つけたときには、発見の喜びがより一層感じられた。

 

じっくり楽しんだので6時間位でクリア。続編があるようなので、絶対買おうと思う。それにしても、この完成度は触ってる範囲では現時点で最高峰レベル。世界観がツボったという部分もあるが、細部の作り込みと操作感の心地よさ、覗き込みを活用したゲーム展開が素晴らしい。3000円かそこらでこの体験ができるなんて、儲かってるのか?と思ってしまう。

 

どんな規模感で作ってるのかな?と調べてみた。コロプラVRファンドがお金を入れていて、3.5億円資金調達、15人チーム、2年でリリースという具合。今スマホゲーム作ろうとすると、お金もチームも時間もこの倍くらいかかってることを考えると、スマホゲームは競争が激化しているよなあ。

 

家庭内エンタメとしてはまだハイエンドかもだけど、世界から隔離されるVRって、TVゲームでは味わえない気分になれるから、徐々に入り込んでくると思うな。

 

パッケージだと輸入版しかないっぽくて、日本語版はPlayStation StoreからDLする必要がある。 

Moss: VR (輸入版:北米) - PS4

Moss: VR (輸入版:北米) - PS4

 

 

あと、酔う原因がレンズの汚れにもあるかもしれないとか思って、グリグリ拭いてて不安になって、これも買った。